研修施設の選び方、目的・用途別のおすすめを紹介

公開日:
更新日:
研修施設の選び方、目的・用途別のおすすめを紹介
研修を成功させるためには、研修施設選びからしっかりと行う必要があります。 この記事では、研修目的・用途に合った研修施設の選び方を紹介します。どんな研修施設がおすすめなのか、研修施設を探している担当者の方はぜひ参考にしてください。

研修施設とは

そもそも研修施設とは、一般的に宿泊ができ、カンファレンスルームなどが備わった宿泊研修ができる施設のことを指します。
社会人や学生が研修を受けるための施設であるセミナーハウスをはじめ、リゾート地で研修できるリゾート型施設や温泉宿、自炊もできる研修施設、研修後に宴会を行うことができる研修施設、貸切可能な研修施設、会議室付きのホテルなど、研修施設にはさまざまな種類があるため、研修の目的にあった施設はどこなのか、しっかりと見極めながら選ぶようにしましょう。

研修施設の基本的な選び方

ここからは、研修施設の基本的な選び方について紹介します。

収容人数

研修施設を選ぶときは、最初に収容人数をチェックするようにしましょう。
特に初めて利用する研修施設の場合、収容人数を確認せずに会場の予約をしてしまうと、予定していた人数が入りきれなかったというミスが起こりかねません。
研修施設を選ぶときは、参加する人数をあらかじめ確認し、施設の規模と照らし合わせて、確実に研修が可能であるかを確認することが大切です。

場所・アクセス

研修施設を選ぶときは、場所やアクセスも考慮しましょう。
立地条件はどうなっているか、建物周辺が騒がしくないか、研修施設までのアクセスは良いかなどをチェックし、参加者が研修に集中できる環境を選ぶようにしましょう。
また、アクセスが悪く不便な場所で研修をする場合は、貸切バスを用意するなど、研修施設までの交通手段を用意することも必要です。

利用料金

研修施設の利用料金は、研修を行う時期や予約条件、施設のグレードなどによって大きく異なります。研修施設を選ぶときは利用料金をチェックし、予算内にあてはまるかを確認するようにしましょう。
研修施設によっては閑散期による割引や、大人数で予約を取ることで団体割引がある場合もあるため、選び方によっては通常よりも安い金額で研修を行えるケースもあります。

空き状況

条件の合う研修施設でも、利用したいタイミングで空きがなければ予約を取ることができません。そのため、研修の日時が決まったら、すぐに空き状況の確認を行う必要があるでしょう。
日時が確定していない場合でも、ある程度の時期が決まったら、まずは空き状況の問い合わせを行い、また研修日時が決まったけれど希望日に空き状況がないという場合は、いくつか候補をあげておき、先約者がキャンセルになった場合に連絡をもらえるように依頼をしておくのもおすすめです。

研修施設は目的・用途別に選ぼう

研修施設の基本的な選び方を紹介しましたが、充実した研修を行うためには、目的や用途に合う研修施設を選ぶことも重要です。
そこでここからは目的・用途別の研修施設の選び方について紹介します。企画している研修に合わせて最適な研修施設を選びましょう。

新入社員研修

研修施設で新入社員研修を行う場合は、新入社員が研修に集中できる環境を提供する必要があります。
そのため、移動時間で疲れないようにアクセスが良い場所にある研修施設や、周りが静かで研修に集中しやすい環境にある研修施設を選ぶのがおすすめです。

慰労を兼ねた社員研修

慰労を兼ねた社員研修を行う場合は、リフレッシュできる環境にある研修施設を選ぶと良いでしょう。
例えば、非日常を味わえるリゾート地や温泉地、観光やレジャーを楽しめる場所、外観や内装がおしゃれな研修施設などを選んでみてはいかがでしょうか。

全国の社員が集まる研修

全国の社員が集まるような研修では、移動するだけで社員に負担がかかるほか、慣れない場所での移動は疲労しやすく、集中して研修に臨めない可能性があります。そのため、移動時間がかかりすぎないよう最寄り駅から近く分かりやすい場所にある研修施設を選ぶことが大切です。
また、全国のさまざまな地域から社員が集まるため、遠方から訪れた社員は研修施設に宿泊し、近隣に住む社員は宿泊せず研修だけに参加するなどの選択肢があると尚良いでしょう。

100名を超える大規模な宿泊研修

参加者が100名を超えるような大規模な宿泊研修は、収容人数が多い研修施設を選ばなければいけません。
ただし、研修施設によっては他の利用客もいる場合もあるため、大人数での宿泊は迷惑をかけてしまう可能性もあります。ある程度の人数が参加する宿泊研修なら、貸切で利用できる研修施設を選ぶのが望ましいでしょう。

関東・東京にある研修施設のおすすめ

関東・東京で研修施設をお探しであれば、カンファレンスホテル「L stay & grow 南砂町」を利用してみてはいかがでしょうか。ここからは、L stay & grow 南砂町が研修施設としておすすめの理由を紹介します。

大小さまざまな会議室を完備

L stay & grow 南砂町は1階~2階のカンファレンスエリアに大小さまざまな18室の会議室が設けられていて、少人数の研修から大規模な研修にまで幅広く対応しています。また、参加人数や用途に合わせて2室~3室を広々とした1室に広げることも可能です。

都心でありながら開放的な空間

L stay & grow 南砂町のカンファレンスエリアのガーデン側は豊かな緑や水景を一望できるようにガラス張りで作られています。
都心でありながらも開放的な空間で研修を楽しむことができるのも、魅力の一つです。

レストランが併設

L stay & grow 南砂町の1階には広々としたレストランが併設されており、時間帯ごとに必要とされる栄養素が盛り込まれた多彩なメニューが提供されています。研修の合間に栄養バランスのとれた食事を楽しめるだけではなく、懇親会用の料理プランも設けられているため、研修後にそのまま美味しい食事を堪能することが可能です。
予算や要望に応じて、ベジタリアン・ハラルにも対応したメニューも相談することができるため、参加者全員が満足のいく食事を提供することができます。

研修設備・備品も充実

L stay & grow 南砂町には、研修を行ううえで必要な設備・備品が用意されています。
レンタル料金はかかりますが、1日単位で天吊りプロジェクター&スクリーン、ホワイトボード、モニター、音響機材、パーテーション、ピンマイク、ステージ、演台、司会台などさまざまな備品を借りることができるため、わざわざ準備をして持ち込む必要がありません。

研修施設はL stay & grow 南砂町にご相談ください

L stay & grow 南砂町は、東京駅から約20分、羽田空港から約45分、東京メトロ東西線南砂町駅からは徒歩5分に位置するカンファレンスホテルタイプの研修施設です。最寄り駅から近いため、遠方からの参加者が多い研修や移動時間をかけずに集中した研修を行いたい場合にもおすすめです。
また、L stay & grow 南砂町は大小さまざまな18のカンファレンスルームや懇親会も行える規模の広々としたレストラン、217室の客室も設けられており、大人数での研修にも対応することが可能です。さらに宿泊をせずカンファレンスルームのみを利用することもできるため、1日単位の研修に利用することも可能です。
関東・東京で研修施設をお探しの方は、カンファレンスホテル「L stay & grow 南砂町」にぜひお気軽にご相談ください。
SDGsの取り組みについてSDGsの取り組みについて 新型コロナウイルス感染予防の取り組みについて新型コロナウイルス感染予防の取り組みについて