合宿研修の必要性や行きたくない社員への対処法

公開日:
更新日:
合宿研修の必要性や行きたくない社員への対処法
合宿研修は、企業にとってメリットのある研修スタイルですが、なかには「行きたくない」と感じる社員もいるようです。合宿研修を行うにあたって社員にネガティブな印象を抱かせないようにするには、どうすれば良いのでしょうか。 この記事では、合宿研修を行うメリットや主催者側が合宿研修を成功させるための秘訣を紹介します。合宿研修の担当をされる方は、ぜひ参考にしてください。

合宿研修はなぜ必要?泊まりで行うメリット

まずは、企業が合宿研修を行うメリットについて見ていきましょう。

研修に集中できる

研修を泊まりで行うメリットは、研修に集中できるという点にあります。
合宿研修では参加者も講師も同じ施設に宿泊をし、最終日まで自宅へ帰らないため、集中力を切らすことなく学びの意識が高まった状態を維持することができます。移動に時間をかけることなく朝から研修を始めることができ、集合も速やかに行いやすくなるため、時間を無駄なく活用することが可能です。
また、日常とは異なる環境に身を置くことで、リフレッシュしながら研修ができる良い機会にもなるでしょう。

社員の特性が分かる

合宿研修では、普段は見ることができない社員の性格や強みや弱みなどの特性を知ることができる機会が増えます。集中力が研ぎ澄まされやすくなるため、リーダーシップを発揮したり、新たなアイディアを生み出したりする社員も増えてくるでしょう。
社員のこうした強みを知ることで、企業としては1人ひとりをどのように育成していけば良いかが分かりやすくなり、マネジメントに役立つというのもメリットの一つです。

社員同士の親睦が深まる

合宿研修では寝食を共にするため、組織の一体感が生まれやすくなります。
さらに参加する社員同士の距離が縮まりやすく、食事の時間や休憩時間で普段は話さないような相手との会話が弾みやすくなるなど、社員の親睦が深まるのも合宿研修のメリットです。

社員は合宿研修に行きたくない?対処法について

合宿研修にはさまざまなメリットがありますが、なかには行きたくないと思う社員もいるようです。
社員が合宿研修に行きたくないと思う理由としては、まず時間が拘束されてしまうということがあげられます。合宿に行くとなると職場の人と長時間一緒にいなければならず、人付き合いが苦手な社員にとっては苦痛に感じるほか、プライベートの時間は自由に過ごしたいと考える社員も少なくありません。また、初めての合宿研修の場合は特に、どんな内容の研修が行われるか分からないため、マイナスなイメージや不安が先走ってしまい、参加したくないと考える社員もいるようです。
合宿研修に行きたくないという社員を少しでも減らすためには、研修担当者が参加する社員の気持ちに配慮し、いくつかの工夫をしていく必要があるでしょう。

合宿研修を成功させる秘訣

合宿研修に行きたくないという社員を減らし、合宿研修を成功させるためには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。
ここからは、合宿研修を成功させるための秘訣を紹介します。

事前の情報共有をしっかり行う

合宿研修を成功させるためには、事前の情報共有が重要です。
合宿研修の「目的」「目標」「方法」を共有することで、合宿参加前にある程度の予想を立てながら臨むことができ、社員の不安を解消することにつながります。

研修プログラムを工夫する

合宿研修の成功には、研修プログラムの工夫も欠かせません。
楽しみながら研修ができるプログラムがあれば、合宿研修に対してマイナスなイメージが付きづらくなります。また、自分たちが主体的に動くことができる研修プログラムを入れると、満足度の高い合宿研修になりやすいです。
例えば、企業のなかには座禅によって心を落ち着かせる禅研修をお寺で行ったり、無人島でサバイバルをしながらリーダー研修を行ったりと、ユニークな研修プログラムに取り組んでいるところもあります。社員たちから面白いと感じてもらえるような研修プログラムを取り入れましょう。

魅力的な宿泊研修施設を選ぶ

合宿研修を有意義なものにするためには、どこで行うかという場所選びも重要です。
合宿研修を行う場合、閉塞感の強い施設では息苦しさを感じてしまうこともあります。
例えば、非日常感を味わえるようなリゾート地のような研修施設では、気分転換が行いやすくなるため、メリハリをつけて研修に集中しやすくなるでしょう。

宴会やレクリエーションの時間を作る

合宿研修では、必ずしもすべての時間を研修に没頭しなければいけないというわけではありません。1日中研修をしていると疲れが溜まるだけではなく、集中力が続かなくなるからです。
そのため、合宿研修期間中にも気分転換やリフレッシュのために、参加する社員が楽しめる宴会やレクリエーションの時間を作ってみてはいかがでしょうか。楽しみとなる時間をご褒美として用意することで、研修とそれ以外の時間のメリハリをつけることができるでしょう。

合宿研修におすすめの宿泊研修施設を紹介

ここからは、合宿研修におすすめの宿泊研修施設として、「L stay & grow 南砂町」を紹介します。L stay & grow 南砂町は、大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社が開業したカンファレンスホテルです。18室のカンファレンスルームと217の客室、広々としたレストランが設けられており、快適な空間で合宿研修を行うことができます。

さまざまなプログラムに適した会議室

L stay & grow 南砂町は、1階と2階がカンファレンスエリアになっており、大小さまざまな広さのカンファレンスルームが18室設けられています。最も大きい部屋では、最大216名を収容することができ、200インチのスクリーンを利用することができます。目的とする合宿内容に応じて少人数から大人数まで、さまざまなスタイルで利用できる会議室が充実しているため、研修プログラムを計画しやすいでしょう。

懇親会ができる広々としたレストラン

L stay & grow 南砂町には、懇親会ができる広々としたレストランが設けられています。
懇親会に適した料理プランが用意されており、予算や希望に応じた料理メニューが提供されます。また、懇親会の料理に限らず、時間帯ごとに必要とされる栄養素が盛り込まれたメニューやコーヒーなどもあるため、合宿研修の合間のコーヒーブレイクに活用することも可能です。

緑と水景が魅力のリフレッシュできる空間

L stay & grow 南砂町は、緑のガーデンと季節を映す水景が魅力のカンファレンスホテルです。ガーデン側にあるカンファレンスルームの窓は床から天井までガラス張りになっているため、豊かな緑と水景を眺めることができ、疲れたときも、ホッと一息つける開放的な空間の中で研修に臨むことができます。
また、L stay & grow 南砂町のレストランはガーデンのウッドデッキとつながっているため、晴れた日は屋外で休憩を楽しむことができ、リフレッシュできるでしょう。

合宿研修はL stay & grow 南砂町にご相談ください

合宿研修は、普段と違った環境で研修を行うことで、社員のモチベーションを高めながら集中して研修を行うことができるというメリットがあります。さらに24時間他の参加者と寝食を共にするため、コミュニケーションをとる機会が増え、親睦を高めることができるでしょう。
L stay & grow 南砂町は東京駅から約20分、羽田空港から約45分、東京メトロ東西線南砂町駅から徒歩5分に位置するカンファレンスホテルです。
合宿研修で利用する施設を検討されている担当者の方は、ぜひL stay & grow 南砂町にご相談ください。
新型コロナウイルス感染予防の取り組みについて新型コロナウイルス感染予防の取り組みについて