新入社員向けの研修合宿を行うメリットや効果、おすすめの施設を紹介

公開日:
更新日:
新入社員向けの研修合宿を行うメリットや効果、おすすめの施設を紹介
新入社員向けの研修合宿は、準備時間がかかるだけではなく、宿泊費や交通費、食費などさまざまな費用がかかります。しかし、手間やコストをかけたとしても、新入社員向けに研修合宿を行う企業は意外と多いものです。 そこでこの記事では、新入社員向けの研修合宿を行うメリットや効果について解説します。新入社員に研修合宿を取り入れようとお考えの企業の方は、ぜひ参考にしてください。

新入社員向けの研修合宿に効果はある?

まずは、新入社員向けの研修合宿で得られる効果について紹介します。

社会人としての意識向上

新入社員向けの研修合宿は、企業の一員として働くうえで必要な社会人としての意識を高める効果が期待できます。
新入社員は合宿施設にいる期間、親や友達と離れ、すべての時間を新入社員研修に充てることになります。そのため、常に行動を正すことが必要となり、挨拶や身だしなみなど、社会人としてのマナーを身につけたり、生活習慣を整えたりすることにつながり、社会人として適切な行動を短期間で定着化することができるのです。

新入社員同士の団結力アップ

宿泊を伴う新入社員向けの研修合宿では、入社して初めて出会う新入社員同士が数日間に渡り行動や寝食を共にすることになります。そのため、自然と新入社員同士がコミュニケーションを取る機会も増えるでしょう。
さらに、研修のなかにグループワーク型のメニューを取り入れることで、協調性や団結力も高まり、新入社員の研修合宿に参加したことで、同期の結束力が強くなったと感じる人も多いです。

ビジネススマナーの定着化

新入社員向けの研修合宿では、電話対応や来客時の接客対応、アポイントの取り方や名刺交換など、ビジネスシーンで必要となる基本のビジネスマナーを学ぶのが一般的です。
数人でグループを作ってロールプレイングするなど、仕事に必要なビジネスマナーを数日間続けて集中的に学ぶことができるため、より実践的なマナーが身につき、初日と最終日では別人のようになることもあるほどです。

新入社員研修を合宿形式で行うメリット

新入社員研修を合宿形式で行うメリット
合宿形式で新入社員研修を行う場合、研修に関わるさまざまな費用がかかるだけではなく、準備にも大きな労力がかかります。しかし、新入社員研修を合宿形式で行う企業があるのは、新入社員だけでなく企業にとってもメリットがあるからです。

そこでここからは、新入社員研修を合宿形式で行うメリットを紹介します。

長時間の研修ができる

新入社員には覚えてもらわなければならないことが多いため、会社の会議室を使って短時間の研修を繰り返したとしても、必要な知識やマナーを習得するにはかなりの日数がかかってしまうでしょう。
そのため、移動にかかる時間を省き、長時間の研修を集中的に行える研修合宿は、新入社員を早期に戦力として育成できるという点でメリットのある研修方法だと言えます。

効率良く学べる

現場で通常業務を覚えながら、週1~2回など飛び石でビジネスマナーなどの新入社員研修を実施する企業もあるでしょう。しかしその場合、研修内容が1日ごとにリセットされてしまい、実際身につくまでにはかなりの時間がかかるという点がネックと言えるでしょう。
合宿形式の新入社員研修であれば、数日間集中して研修を行うことができるため、流れが中断されることがなく、新入社員がより研修に集中しやすい状態を作ることができます。

規則正しい生活習慣が身につく

新入社員研修に合宿形式を取り入れることは、新入社員が規則正しい生活習慣を身につける機会としても最適です。
新入社員の研修合宿では、24時間を合宿施設で過ごすことになるため、研修プログラム以外でも、時間厳守の基本や規律を新入社員に習得させることができます。自然と規則正しい生活が送れるようになるため、学生の間は生活習慣が乱れがちだった人も合宿を通して社会人として望ましい生活習慣を身につけることができるでしょう。

同期との仲間意識や競争力向上

新入社員の研修合宿では同期生と寝食を共にしながら過ごすことになるため、座学だけで終わる新入社員研修に比べて、初対面であっても仲良くなりやすい傾向にあります。コミュニケーションが取りやすい環境でもあるため、仲間意識も抱きやすくなるでしょう。
また、数人のグループを作って行動したり、研究成果の発表を行ったりすることで、同期との団結力を高めるのはもちろん、競争力の向上にも役立ちます。

新入社員向けの研修合宿におすすめの施設を紹介

新入社員向けの研修合宿をするなら、カンファレンスルーム(会議室)のあるホテルがおすすめです。カンファレンスルーム付きのホテルであれば、研修所と宿泊施設の移動にかかる時間を削減することができ、またホテル内のレストランでそのまま食事や親睦会を行うことも可能です。

そこで続いては、新入社員向けの研修合宿にも最適なカンファレンスホテル「L stay&grow 南砂町」について、おすすめのポイントを紹介していきます。

さまざまなカンファレンスルーム

L stay&grow 南砂町には、1階2階合わせて18室のカンファレンスルームが備えられています。
すべてのカンファレンスルームは多彩な研修スタイルに対応していて、ガーデン側のセミナールームは参加人数や用途に合わせて2室・3室を広々とした1室にすることも可能です。
また、1階2階のカンファレンスルームのガーデン側は、床から天井までがガラス張りになっているため、豊かな緑や水景が広がる開放的な設計から、非日常的な環境の中で新入社員向けの研修合宿を行うことができます。

広々としたレストラン

L stay&grow 南砂町には、広々としたレストランが併設されており、朝食・昼食・夕食と、それぞれの時間帯ごとに必要とされる栄養素が盛り込まれたこだわりのメニューを提供しています。また、レストランは研修の合間のコーヒーブレイクにも利用することも可能です。
新入社員研修後の懇親会に適した料理も予算や希望に応じて提供しているため、参加者のコミュニケーションや一体感を深める機会を設けたいと考える企業にもおすすめです。

アクセスの良さ

L stay&grow 南砂町はターミナル駅である東京駅から約20分、羽田空港からは約45分、東京メトロ東西線南砂町駅からは徒歩5分の場所に位置します。
アクセスが良く駅からは徒歩で移動できるため、遠方からの参加者が多い新入社員研修合宿にも適しています。

新型コロナウイルス対策

L stay&grow 南砂町は新入社員の研修合宿を安心して行うことができるように、24時間換気システムや天井埋め込み型空気循環ファンを導入するなど、新型コロナウイルス対策にも積極的に取り組んでいます。
他にも、館内の各スペースにアルコール消毒液の設置や備品の消毒、人と人とが対面する場所へのアクリル板設置、エレベーターの1回あたりの利用人数制限など「3密」「飛沫感染」を避けるための対策を設けているため、安心してご利用いただけます。

新入社員向けの研修合宿はL stay&grow 南砂町にご相談ください

新入社員向けの研修合宿は、規則正しい生活習慣を身につけることができることや、効率よくビジネスマナーなどを身につけることができる点、同期との仲間意識や団結力UPなど、さまざまな効果やメリットがあります。
L stay&grow 南砂町では、カンファレンスルームや新型コロナウイルス対策など新入社員向けの研修合宿を行うために適切な環境を整えています。新入社員向けの研修合宿を検討されている企業の方は、ぜひカンファレンスホテル「L stay&grow 南砂町」にお気軽にご相談ください。
新型コロナウイルス感染予防の取り組みについて新型コロナウイルス感染予防の取り組みについて